Home » 集客ツール » 客単価を上げる3つのメニュー

客単価を上げる3つのメニュー

客単価を上げる工夫は、レストラン経営にはなくてはならないものです。

人の胃袋の大きさには限度があるから、注文数を増やす事はできないと始めから諦めてしまう人もいますが、そうではありません。工夫を凝らして、注文数を増やしている飲食店は沢山あります。

客単価を上げるために、メニューに増やしたいものは、下記の3つです。

メインディッシュ

1.飲料の充実

レストラン経営者なら夜の客単価が高い理由は、アルコールにあると実感していることでしょう。飲料は個人の趣味がでる物です。

「 ウィスキーはバーボンしか飲まない。 」
「 医者に言われているので、焼酎のお湯割り。 」

料理に合わないとレストランは思いがちですが、合う合わないは、お客が判断することです。飲料は料理よりも、個人の趣味が優先されるので出来るだけお客のニーズに応えるべきです。

飲料

2.お土産

洋食系のレストランはお土産のメニューが少ない様です。
寿司店の場合は、折詰のお土産は昔からメニューにのっていなくとも、注文出来る事になっています。

洋食系のレストランにおいても、お土産を提供する事は可能な筈です。
食後のケーキなどは最もお土産にし易いですね。また、料理を軽食風にしてお土産としてはどうでしょうか?

軽食

お土産のメニューを作るだけでは、あまり売れません。お客に知らしめる、店内広告の充実が必要です。


3.非飲食品

昔、ラーメン店に灰皿の下におみくじの自動販売機があったものです。料理が出来る間、つい、買ってしまうものです。

工夫次第でレストランの雰囲気にあったものが出来るでしょう。

参照 参照  売上を上げる包装


Post a Comment

関連リンク